十三舎からのお知らせです
<< 通常営業中です | main | EL ZINE vol.23 12月22日発売 >>
EL ZINE vol.22 10月20日発売
0

    本日10月20日、EL ZINEの最新号vol.22が発売となります。
    表紙はKings Of Punk! POISON IDEAです!
    内容はこんな感じです↓



















    ●POISON IDEA
    (今夏、自主レーベルより「Calling All Ghosts」12"EPをリリースした米国Kings Of Punk:POISON IDEAのヴォーカル/Jerry Aへのインタヴューby RECORD BOY/大倉 了氏)

    ●コラム:ボクとPOISON IDEA
    (「ボクとPOISON IDEA」と題したコラムを、バンド/レーベル関係の方々に執筆して頂きました)
    執筆陣:
    ・山口大介氏(MIDNIGHT RESURRECTOR/TECHNOCRACYギタリスト)
    ・マエダシンゴ氏(TOO CIRCLE RECORDS)
    ・Souichi氏(FORWARD/G.I.S.M./UNDER THE SURFACE RECORDS)
    ・骸 aka Guy/大小田伸二氏(ORIGIN OF M/DISK SHOP MISERY/BLOODSUCKER RECORDS/SAVE THE HIROSHIMA)
    ・今村紀康氏(TOM AND BOOT BOYS/ASUKA AND THE BUM SERVANTS/POGO 77 RECORDS)
    ・Mr.Koketsu氏
    ・鈴木智士氏
    ・岡本正貴氏(kriegshog)

    ●NEGATIVE INSIGHT
    (アメリカのパンク・ファンジン:NEGATIVE INSIGHTを発行しているErik[レーベル:SOCIAL NAPALMのオーナー]へのインタヴュー)

    ●RIOT CITY RECORDS/暴動都市物語前編
    (80's UKハードコアを象徴するレーベル:RIOT CITY RECORDSのオーナーであるSimon Edwardsへのロング・インタヴューby NEGATIVE INSIGHT)

    ●LOS CRUDOS
    (12月に来日を予定しているラティーノ・ハードコアの雄:LOS CRUDOSのオリジナル・ギタリストであるJose Casasへのインタヴューby Luis)

    ●ブラジルのパンクスが見たRIO OLYMPICS 2016
    (ブラジル各地でアンダーグラウンド・シーンに関わっている方々に、リオ・オリンピックに対するそれぞれの見解を寄稿してもらいました)

    ●MASTER MUSICIANS OF JOUJOUKA FESTIVAL2016レポート
    (アフリカ:モロッコのジャジューカ村で千年以上前から受け継がれてきた音楽「ジャジューカ」。7月にその村で開催されたフェスティヴァルのレポートby 大久保潤氏)

    ●SADIST
    (TOTAL FUCKER RECORDSオーナーやG.A.S.H.、VIDEO FILTH、ASPECTS OF WARなどのメンバーからなるボストンのダーク・パンク・バンド:SADISTのヴォーカル/Ghostへのインタヴューby Luis)

    ●infiAl
    (トルコのアナキストたちによる、イスタンブールのソーシャル・スペース/カフェ:infiAl。その運営スタッフ/Karaumut氏に訊く、トルコの現在の政治状況等についてby 鈴木智士氏)

    ●GIG REVIEWS:NOWHERE TO RUN FEST
    (ニューヨークで8月に開催され、先日来日も果たしたBELGRADOも出演したポスト・パンク・フェスティヴァル:NOWHERE TO RUN FESTのレポートby Jose)

    ●GIG REVIEWS:PUNK DEPARTURE
    (栃木県栃木市かかしの里で9月に開催され、LIFEやNOT A NAME SOLDIERSなどが出演したFORTVIVLAN企画のハードコア・パンク・ギグのレポートby Saji氏)

    ●PSYCHO SQUATT
    (フランスの女性ヴォーカル・ハードコア・パンク・バンド:PSYCHO SQUATT。そのギタリストであり、レーベル/コレクティヴ:MALOKAを運営しているRudyへのインタヴュー:第2回目by Grzester)

    ●APURTU
    (バスクのパンク・ロック・バンド:APURTUのギター・ヴォーカルであるAitorへのインタヴュー:最終回by Grzester)

    ●PUNX VIEWPOINT:イギリスのEU離脱について
    (国民投票によって今年の6月、EUからの離脱が決定したイギリス。この件についてどう思っているのか、ロンドンのパンクスに聞いてみました)

    ●LASHING SPEED DEMONS
    (西海岸パンクの巨星:Xの1stアルバム「LOS ANGELES」とその周辺に関するテキストby 大越よしはる氏)

    ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2016年10月20日発売
    ※1000円以上のお買い上げで送料無料 (1000円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

    ご注文はコチラからお願いします!

    Posted by : juzasha | - | 06:00 | - | -
    スポンサーサイト
    0
      Posted by : スポンサードリンク | - | 06:00 | - | -
      TOP