十三舎からのお知らせです
EL ZINE vol.41 2月28日発売
0

    本日28日に、EL ZINEの最新号vol.41が発売となります!

     

    今号は“BLOODY BELGIUM”と題しまして、ベルギーを代表するグラインド・コア・バンドのAGATHOCLES、ストリート・パンク・バンドのFUNERAL DRESS、クラスト・バンドのPRIVATE JESUS DETECTOR、そして現行女性Voクラスト・バンドのMATRAK ATTAKKへのインタヴューが巻頭及び表紙となっております。

    また、POGO77から1stアルバムをリリースした東京パンク・ロック・バンドのBLACK AND WHITEや岡崎のPROLETARIART、前号の続きでTHE TITSのUSAツアー・レポート後編、海外からはメキシコ・シティ・ハードコアの敗北や、昨年に4度目の来日を果たしたニューヨークのBABY SHAKES、スウェーデンのex.ASOCIALメンバー〜レーベルDis-CassettesのオーナーだったHakan等々、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介させて頂いております。
     

     

     

     

     

     

     

     

     


     

     

     

    ●AGATHOCLES

    (今年で結成35周年を迎えるベルギーのベテラン・グラインド・コア・バンド、AGATHOCLESへのインタヴュー)

     

    ●FUNERAL DRESS

    (こちらも今年で結成35周年を迎えるベルギーのベテラン・ストリート・パンク・バンド、FUNERAL DRESSへのインタヴュー)

     

    ●PRIVATE JESUS DETECTOR

    (90年代に活躍したベルギーのクラスト・ハードコア・バンド、PRIVATE JESUS DETECTORへのインタヴューby Aizu/Black Konflik Records)

     

    ●MATRAK ATTAKK

    (イタリア人/フランス人/オランダ人から成る、ベルギーを拠点に活動する女性ヴォーカル・スクワッター・クラスト・パンク・バンド、MATRAK ATTAKKへのインタヴュー)

     

    ●PROLETARIART

    (岡崎のクラスト・ハードコア・パンク・バンド、PROLETARIARTへのロング・インタヴューby T.K.)

     

    ●MOB47

    (3度目にして今回で最後となる来日ツアーを4月下旬から敢行する、MOB47の告知グラビア)

     

    ●BLACK AND WHITE

    (POGO77から1stアルバムをリリースする東京のパンク・ロック・バンド、BLACK AND WHITEへのインタヴューby Shooter)

     

    ●Umea Punk City

    (ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

     

    ●THE TITS USA TOUR REPORT

    (2019年10月下旬〜11月上旬にかけてアメリカ・ツアーを敢行した東京のハードコア・パンク・バンド、THE TITSのツアー・レポートPart.2 by狂介)

     

    ●BABY SHAKES

    (2019年11月に4度目となる来日ツアーを敢行した、NYのガールズ・ロックンロール・バンド、BABY SHAKESへのインタヴューby Tsuneglam Sam)

     

    ●敗北

    (GUDONの曲名をその名に冠した、メキシコ・シティのハードコア・パンク・バンド、敗北へのインタヴュー)

     

    ●Hakan Aspnas

    (80’sスウェディッシュ・ハードコア・バンドのASOCIALとDISTRUSTの元メンバーにして、レーベルDis-CassettesのオーナーだったHakan Aspnasへのインタヴュー)

     

    ●吐き気がするほどロマンチックなボクたち

    (ザ・スターリン〜遠藤ミチロウ、そしてアルバム「trash*」の再発に関するテキストbyいぬん堂)

     

    ●PUNK LIVES!!

    (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、OZHOGとJADのライヴ・フォト・レポート)

     

    ●Anti-Art Book Review

    (アートブックの書評by Yoshi Yubai/弓場井宜嗣)

     

    ●Destroy Noise Photos

    (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai/弓場井宜嗣による写真連載)

     

    ●LASHING SPEED DEMONS:70’sパンクのEL ZINE的断面

    (SEX PISTOLSやTHE CLASHなどといった有名パンク・バンドを、“EL ZINEっぽい切り口”で改めて紹介するテキストby大越よしはる)

     

    ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2020年2月28日発売
    ※1500円以上のお買い上げで送料無料
    (1500円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

     

    ご注文はコチラからお願いします!

    Posted by : juzasha | - | 06:00 | - | -
    冬休み
    0

      12月28日〜1月3日まで冬休みとさせて頂きます!

       

      また、前号vol.39はおかげさまで完売しまして、こちらには完全に在庫がないのですが、各レコード店さんにはまだ多少、在庫があるかと思われます (24日の時点で高円寺のRECORD BOY様にはありました)。

      いつも十三舎のHPからご購入頂いている方々にはご面倒おかけして申し訳ないのですが、vol.39をお求めの際にはパンク/ハードコアなレコード店さんをあたってみてください。

      どうぞよろしくお願い致します!

       

      Posted by : juzasha | - | 05:05 | - | -
      EL ZINE vol.40 12月26日発売
      0

        明後日26日に、EL ZINEの最新号vol.40が発売となります!

         

        今号では10月下旬〜11月上旬にかけてアメリカ・ツアーを敢行したTHE TITSのツアー・レポートが巻頭及び表紙となっております。

        また、年末恒例となっておりますレコード店さんに今年のオススメ音源を挙げて頂くRECORDSHOPS RECOMMENDED RECORDS 2019に、UK77パンク・ロック・バンドTHE BOYSの元メンバーであるDuncan Reid、ポーランドのハードコア・バンドEL BANDA、フランスのパンク・バンドFRAUDEといった海外バンドの他、国内からは広島のAXE HELVETE、福岡のXL-FITS、東京のマグダラ呪念、千葉のU.D.A等々、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介させて頂いております。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ●THE TITS USA TOUR REPORT

        (10月下旬〜11月上旬にかけてアメリカ・ツアーを敢行した東京のハードコア・パンク・バンド、THE TITSのツアー・レポートPart.1 by狂介)

         

        ●RECORDSHOPS RECOMMENDED RECORDS 2019

        (レコード屋さんに、今年リリースされたor入荷させた音源の中から、オススメの作品を挙げて頂く年末恒例のコーナー。今年参加して頂いたお店はコチラです↓)

        ・record shop DIGDIG

        ・70s Records

        ・disk union

        ・RECORD BOY

        ・RECORD SHOP BASE

        ・WATERSLIDE RECORDS

        ・PUNK AND DESTROY

        ・disk shop MISERY

        ・record KNOX

         

        ●EL BANDA

        (ex.POST REGIMENTなどのメンバーからなる、ポーランドの女性ヴォーカル・ハードコア・バンド、EL BANDAへのインタヴュー)

         

        ●AXE HELVETE

        (広島のD-Beatハードコア・パンク・バンド、AXE HELVETEへのインタヴューby T.K.)

         

        ●Duncan Reid

        (UK77パンク・ロック・バンドTHE BOYSの元メンバーにして、現在はDUNCAN REID AND THE BIG HEADSのフロントマンとして活動しているDuncan Reidへのインタヴューby Mokuo)

         

        ●Duncan Reid Disc Review

        (THE BOYSやDUNCAN REID AND THE BIG HEADSのディスク紹介by Mokuo)

         

        ●Sam Ryser from DRIPPER WORLD & Somer Stampley

        (ニューヨークのアンダーグラウンド・パンク・シーンで活動し、2020年1月には東京での展示会を予定しているアーティスト、SamとSomerへのインタヴューby Shogo/GREAT DANCE)

         

        ●Umea Punk City

        (ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

         

        ●ボルドー・ハードコア・パンク・シーン

        (現在のフランス/ボルドーのハードコア・パンク・シーンについて)

         

        ●FRAUDE

        (HONDARTZAKO HONDAKINAKやSEXPLOSIONのメンバーからなる、フランス/ボルドーの女性ヴォーカル・パンク・バンド、FRAUDEへのインタヴュー)

         

        ●XL-FITS

        (福岡のKILLED BY DEATH/BLOOD STAINS系パンク・ロック・バンド、XL-FITSへのインタヴューby SHOOTER/the GEROS)

         

        ●BYLLEPEST

        (ノルウェーのレーベル、BYLLEPESTのオーナーにして、ハードコア・パンク・バンドNEGATIVのメンバーでもあるDanielへのインタヴューby Michael Thorn)

         

        ●U.D.A

        (ex.THE MARGAReTSのメンバーらによる千葉のノイズ・コア・バンド、U.D.Aへのインタヴューby今村紀康)

         

        ●PUNK LIVES!!

        (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、LAXITYとSANITY CONTROLのライヴ・フォト・レポート)

         

        ●Dra at helvete!

        (正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのヴォーカリストであるSkitkattによるコラム)

         

        ●マグダラ呪念

        (東京の女性ヴォーカル・ドゥーム・ロック・バンド、マグダラ呪念のギター・ヴォーカルであるコタ魔へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

         

        ●LASHING SPEED DEMONS:死神紫郎

        (11月に4thアルバムをリリースしたシンガーソングライター、死神紫郎へのインタヴューby大越よしはる)

         

        ●Anti-Art Book Review

        (アートブックの書評by Yoshi Yubai/弓場井宜嗣)

         

        ●Destroy Noise Photos

        (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai/弓場井宜嗣による写真連載)

         

        ●ES GIBT KEIN WERT

        (発行人によるディスク・レヴュー)

         

        ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2019年12月26日発売
        ※1500円以上のお買い上げで送料無料
        (1500円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

         

        ご注文はコチラからお願いします!

        Posted by : juzasha | - | 05:30 | - | -
        EL ZINE vol.39 10月30日発売
        0

          本日、10月30日にEL ZINEの最新号vol.39が発売となります!

           

          今号ではFASHION PARADEと題しまして、大阪パンク・マスターSHIGAさんへのインタヴューを筆頭に、高円寺UK EXTRA、四日市VORTEX、下北沢KILLERSといった、シーンと密接に関わっているパンク・ショップさんにご登場頂きました。

          また、THE WONDERFUL WORLDのHIDE氏(ex S.D.S/DELTA)や名古屋のVODOVO、そして1stアルバムを11月にリリースするSKITKLASSといった国内バンドの他にも、11月に来日を予定しているアメリカのKORROSIVEやスペインの女性Voパンク・ロック・バンドRATA NEGRAといった海外バンドのインタヴューなど、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介させて頂いております。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           


           

          ●SHIGA-CHAN

          (ブランドAFPを手掛ける、大阪パンク・マスターSHIGA氏へのインタヴューby T.K.)

           

          ●History of UK EXTRA

          (高円寺のUK古着屋〜パンク・ショップのUK EXTRA。そのはじまりから現在に至るまでのヒストリーby廣田力)

           

          ●VORTEX

          (四日市のパンク・ショップVORTEXのオーナーであるバン氏へのインタヴュー)

           

          ●KILLERS

          (下北沢のパンク・ショップKILLERSのオーナーである井上氏へのインタヴュー&ファッション・チェックbyツトム/悲観レーベル)

           

          ●ブラック・メタル& Dカン革ジャン対談

          (最近メタルにハマっているSLIGHT SLAPPERSのヴォーカリスト久保田氏と、高円寺のレコード・ショップRECORD BOYの大倉氏による対談後半。今回はブラック・メタルとDカン革ジャンについて)

           

          ●HIDE from THE WONDERFUL WORLD/ex S.D.S/DELTA

          (HONG KONG KNIFEのJOE ALCOHOL氏らによるバンド、THE WONDERFUL WORLDのベーシストであるHIDE氏へのインタヴューby TSUNEGLAM SAM/YOUNG PARISIAN)

           

          ●PUNK LIVES!!

          (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、SLUG ABUSEとGLAUKOMAのライヴ・フォト・レポート)

           

          ●VODOVO

          (ex ZYMOTICSと現NIC FITのメンバーによる名古屋のポスト・パンク・バンド、VODOVOへのインタヴューby SHOOTER/the GEROS)

           

          ●Umea Punk City

          (ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

           

          ●SKITKLASS

          (11月に1stアルバムをリリースする正体不明のマスク・バンド、SKITKLASSのヴォーカリストであるSkitkatt氏へのインタヴュー)

           

          ●KORROSIVE

          (11月にKAFKAの招聘により来日するアメリカ/ベイエリアのハードコア・バンド、KORROSIVEへのインタヴューbyモトカズ/KAFKA/MORPHEME/MISILISKI)

           

          ●TOM AND BOOT BOYSマイアミ・ツアー・レポートPART.2

          (5月末〜6月初旬にアメリカ/フロリダ州マイアミで開催されたパンク・フェス、WE ARE THE PUNX VOL.2に出演したTOM AND BOOT BOYSのツアー・レポート後半by今村紀康)

           

          ●LUPUS

          (コロンビア/ボゴタのパンク・バンド、LUPUSへのインタヴューby Michael Thorn)

           

          ●Otto Itkonen

          (SELFISHやFORCA MACABRA、そしてKOVAA RASVAAなどで活動中の、フィンランドのヴェテラン・パンクスOtto Itkonenへのインタヴュー/最終回 by Grzester)

           

          ●Anti-Art Book Review

          (アートブックの書評by Yoshi Yubai)

           

          ●Inner Space Photography

          (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

           

          ●LASHING SPEED DEMONS:RICHARD STRANGE/DOCTORS OF MADNESS

          (70年代後半に活動したイギリスのプロト・パンク・バンド、DOCTORS OF MADNESSを率いたRICHARD STRANGEのバイオグラフィ& 9月に行なわれたDOCTORS OF MADNESSの日本ツアーのライヴ・レポートby大越よしはる)

           

          ●RATA NEGRA

          (JUANITA Y LOS FEOSとLA URSSのメンバーによるスペイン/マドリッドの女性ヴォーカル・パンク・ロック・バンド、RATA NEGRAへのインタヴュー)

           

          ●ES GIBT KEIN WERT

          (発行人によるディスク・レヴュー)

           

          ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2019年10月30日発売
          ※1500円以上のお買い上げで送料無料
          (1500円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

           

          ご注文はコチラからお願いします!

          Posted by : juzasha | - | 07:11 | - | -
          9月4日 通常営業に戻りました
          0

            9月2日からお休みを頂いておりましたが、今朝から通常営業に戻りました。

            ご注文・お問い合わせには順次、返信させて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します!

             

            Posted by : juzasha | - | 08:28 | - | -
            EL ZINE vol.38 8月30日発売
            0

              本日、8月30日にEL ZINEの最新号vol.38が発売となります!

               

              今号では久々となるニュー・シングルをリリースする岡山県津山市のRaw Punkバンド、SKIZOPHRENIAが表紙及び巻頭となっております。

              また、10月に来日する2バンド、アメリカのASPECT OF WARのメンバーらによるAMBUSHや、フィンランドのLAPINPOLTHAJATのインタヴュー、日本からは大阪のthe GEROS、東京のFIREBIRDGASSにマリア観音、更にはSLIGHT SLAPPERSの久保田氏とRECORD BOYの大倉氏による「北欧スラッシュ・メタル対談」、そして我らがTOM AND BOOT BOYSのマイアミ・ツアー・レポートなど、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介させて頂いております。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ●Yu from SKIZOPHRENIA

              (久々となるニュー・シングル『Undead Melodies』を8月末にリリースする、岡山県津山市のRaw Punkバンド、SKIZOPHRENIAのヴォーカリストであるYu氏へのインタヴュー)

               

              ●Yoshio from SKIZOPHRENIA

              (SKIZOPHRENIAのベーシストにして、BAR猫目のマスターでもあるYoshio氏へのインタヴューby KARAKURI)

               

              ●Dra at helvete!

              (正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのヴォーカリストであるSkitkatt氏によるコラム)

               

              ●the GEROS

              (大阪の70’s/KBDパンク・ロック・バンド、the GEROS へのインタヴューby T.K.)

               

              ●AMBUSH

              (CONTRAST ATTITUDE/Why Recordsの招聘により10月に来日する、ASPECT OF WARのメンバーらによるアメリカ/ニューハンプシャー州のクラスト・バンド、AMBUSHへのインタヴューby GORI)

               

              ●北欧スラッシュ・メタル対談

              (最近メタルにハマっているSLIGHT SLAPPERSのヴォーカリスト久保田氏と、高円寺のレコード・ショップRECORD BOYの大倉氏による、北欧スラッシュ・メタルにまつわる対談)

               

              ●PUNK LIVES!!

              (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、CHAIN CULTとPARANOIDのライヴ・フォト・レポート)

               

              ●FIREBIRDGASS

              (高円寺パンク・ロック・バンドFIREBIRDGASSのヴォーカリストにして、東高円寺二万電圧の店長でもあるISHI氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

               

              ●Umea Punk City

              (ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

               

              ●LAPINPOLTHAJAT

              (10月に来日を予定しているフィンランドのハードコア・パンク・バンド、LAPINPOLTHAJATへのインタヴューby Yu/SKIZOPHRENIA & VOX POPULI)

               

              ●TOM AND BOOT BOYSマイアミ・ツアー・レポートPART.1

              (5月末〜6月初旬にアメリカ/フロリダ州マイアミで開催されたパンク・フェス、WE ARE THE PUNX VOL.2に出演したTOM AND BOOT BOYSのツアー・レポートby今村紀康)

               

              ●DRILLER KILLER

              (vol.36の表紙を飾ったスウェディッシュ・メタル・パンク・ロッカーCliff Lundberg[ex.BLACK UNIFORMS/ANTI CIMEX etc]への、DRILLER KILLERに関するインタヴュー)

               

              ●ABORTTI 13

              (80年代に短期間のみ活動し2009年に再結成を果たした、フィンランドのオブスキュア・ハードコア・バンドABORTTI 13のヴォーカリスト、Tapsaへのインタヴュー/最終回by Grzester)

               

              ●Otto Itkonen

              (SELFISHやFORCA MACABRA、そしてKOVAA RASVAAなどで活動中の、フィンランドのヴェテラン・パンクスOtto Itkonenへのインタヴュー/第3回by Grzester)

               

              ●Anti-Art Book Review

              (アートブックの書評by Yoshi Yubai)

               

              ●Inner Space Photography

              (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

               

              ●LASHING SPEED DEMONS:マリア観音

              (バンド編成としては20年ぶりとなるオリジナル・アルバムを、今年リリースしたマリア観音。結成以来のバンド・リーダーである木幡東介氏へのインタヴューby大越よしはる)

               

              ●ES GIBT KEIN WERT

              (発行人によるディスク・レヴュー)

               

              ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2019年8月30日発売
              ※1500円以上のお買い上げで送料無料
              (1500円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

               

              ご注文はコチラからお願いします!

              Posted by : juzasha | - | 12:06 | - | -
              EL ZINE vol.37 6月28日発売
              0

                明日、6月28日にEL ZINEの最新号vol.37が発売となります!

                 

                今号では2013年に復活を果たしたジャパニーズ・ロウ・パンク・バンド、THE LAST SURVIVORSが表紙及び巻頭となっています。また、今春に敢行されたHAT TRICKERSのUSツアー・レポートに、7月に来日を果たすNYCのSUBVERSIVE RITEやHARAM、日本からはTURNCOAT、THE VERTIGOS、X-V.I.D.E.O、経血のインタヴューなど、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介させて頂いております!!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ●THE LAST SURVIVORS
                (2013年に復活を果たしたジャパニーズ・ロウ・パンク・バンド、THE LAST SURVIVORS。活動停止〜復活〜現在に至るまでのロング・インタヴュー)

                 

                ●PUNK LIVES!!
                (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、ZYANOSEとSEX DWARFのライヴ・フォト・レポート)

                 

                ●HAT TRICKERS USツアー・レポート
                (オークランドで開催されたパンク・フェスMANIC RELAPSEへの出演などで、4月に敢行されたHAT TRICKERSのUSツアーのレポート記事)

                 

                ●SUBVERSIVE RITE
                (UNARMの招聘により7月に来日を果たすNYCの女性ヴォーカル・ハードコア・バンド、SUBVERSIVE RITEへのインタヴュー)

                 

                ●Umea Punk City
                (ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

                 

                ●HARAM
                (ニュー・シングル『Where Were You on 9/11?』をリリースし、7月に来日を控えているNYCのHARAMへのインタヴュー)

                 

                ●まり from 経血
                (茨城の女性ヴォーカル・ハードコア・パンク・バンド、経血のヴォーカルである、まり氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

                 

                ●TURNCOAT
                (4月にWaterslide Recordsよりアルバム『My dear ex...』をリリースした、四国の男女混声メロディック・パンク・バンド、TURNCOATへのインタヴュー)

                 

                ●THE VERTIGOS
                (韓国SCUMRAIDのメンバーらによる女性トリオ・パンク/ロックンロール・バンド、THE VERTIGOSへのインタヴューby TSUNEGLAM SAM/YOUNG PARISIAN)

                 

                ●X-V.I.D.E.O
                (大阪拠点のパンク・ロック・バンド、X-V.I.D.E.Oへのインタヴューby KARAKURI/DEFORMATION QUADRIC)

                 

                ●ABORTTI 13
                (80年代に短期間のみ活動し2009年に再結成を果たした、フィンランドのオブスキュア・ハードコア・バンドABORTTI 13のヴォーカリスト、Tapsaへのインタヴュー/第2回目by Grzester)

                 

                ●Otto Itkonen
                (SELFISHやFORCA MACABRA、そしてKOVAA RASVAAなどで活動中の、フィンランドのヴェテラン・パンクスOtto Itkonenへのインタヴュー/第2回目by Grzester)

                 

                ●Anti-Art Book Review
                (アートブックの書評by Yoshi Yubai)

                 

                ●Inner Space Photography
                (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

                 

                ●LASHING SPEED DEMONS:十四代目トイレの花子さん
                (出禁系地下アイドル妖怪、十四代目トイレの花子さんへのインタヴューby大越よしはる)

                 

                ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2019年6月28日発売
                ※1500円以上のお買い上げで送料無料
                (1500円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

                 

                ご注文はコチラからお願いします!

                Posted by : juzasha | - | 10:00 | - | -
                EL ZINE vol.36 4月26日発売
                0

                  本日、4月26日にEL ZINEの最新号vol.36が発売となります!

                   

                  今号では先日、アルバムが再発されたスウェーデンのメタル・パンク・バンドBLACK UNIFORMSや、MODERAT LIKVIDATION、ANTI CIMEX、PERUKERS、DRILLER KILLERなど錚々たるバンドで活動してきた、メタル・パンク・ロッカーCliff Lundbergへのインタヴュー&バイオグラフィーが表紙及び巻頭となっております。
                  また、SELFISHやFORCA MACABRAのメンバーでもあるOtto Itkonenや、日本からはDISTURD、PISTOL JOKE、XIDENTITYのインタヴュー、更にはPUNK ON PAPERと題したパンクの紙媒体に関する特集記事など、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介させて頂いております。


                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ●Interview of Cliff Lundberg
                  (ex.BLACK UNIFORMS、MODERAT LIKVIDATION、ANTI CIMEX、PERUKERSにして、現DRILLER KILLERであるスウェーデンのメタル・パンク・ロッカーCliff Lundbergへのインタヴュー)

                   

                  ●Biography of Cliff Lundberg
                  (Cliff Lundbergのバイオグラフィーと、彼の関わったバンドの作品紹介by大倉 了/Record Boy)

                   

                  ●PUNK ON PAPER
                  (パンク・ファンジンや紙媒体の魅力に関するコラムと書評)

                   

                  ●Age from DISTURD
                  (DISTURDのギター・ヴォーカルで、立ち呑み屋「刻屋」を神戸にオープンさせたAge氏へのインタヴューby T.K. & ミナミタケシ)

                   

                  ●PUNK LIVES!!
                  (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、IRREALとGAMEのライヴ・フォト・レポート)

                   

                  ●ABORTTI 13
                  (80年代に短期間のみ活動し2009年に再結成を果たした、フィンランドのオブスキュア・ハードコア・バンドABORTTI 13のヴォーカリスト、Tapsaへのインタヴューby Grzester)

                   

                  ●Michael Thorn
                  (前号vol.35の表紙を飾った、MUROの写真を撮影したパンク・フォトグラファーにしてフォト・ジン「Razorblades & Aspirin」を発行しているMichael Thornへのインタヴュー)

                   

                  ●XIDENTITY
                  (PERSEVERE、そしてESPERANZAで活動してきたコマツ氏が在籍している、広島の男女ツイン・ヴォーカル・パンク・バンドへのインタヴュー)

                   

                  ●Otto Itkonen
                  (SELFISHやFORCA MACABRA、そしてKOVAA RASVAAなどで活動中の、フィンランドのヴェテラン・パンクスOtto Itkonenへのインタヴューby Grzester)

                   

                  ●PISTOL JOKE
                  (アメリカのMental Crashと日本のPogo77からソノシートをリリースする、新潟のドランク・ノイズ・パンクスPISTOL JOKEへのインタヴュー)

                   

                  ●Umea Punk City
                  (ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

                   

                  ●Dra at helvete!
                  (正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのヴォーカリストであるSkitkatt氏によるコラム)

                   

                  ●Mai-kou
                  (都内を中心に活動するロック・バンド、シロクマなどのフロントマンであるMai-kou氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

                   

                  ●Anti-Art Book Review
                  (アートブックの書評by Yoshi Yubai)

                   

                  ●Inner Space Photography
                  (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

                   

                  ●LASHING SPEED DEMONS:HAWKWIND「Silver Machine」
                  (HAWKWINDのバイオグラフィーと、彼らの代表曲である「Silver Machine」が与えたハードコア・バンドなどへの影響についてby大越よしはる)

                   

                  ●ES GIBT KEIN WERT
                  (発行人によるディスク・レヴュー)

                   

                  ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2019年4月26日発売
                  ※1500円以上のお買い上げで送料無料
                  (1500円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

                   

                  ご注文はコチラからお願いします!

                  Posted by : juzasha | - | 09:15 | - | -
                  EL ZINE vol.35 2月28日発売
                  0

                    本日、2月28日にEL ZINEの最新号vol.35が発売となります!

                     

                    今号は「ATAQUE PUNK in COLOMBIA!!」と題しまして、南米コロンビア/ボゴタのハードコア・パンク・バンドMURO、8月に来日ツアーを予定している同地の女性ヴォーカルOi!パンク・バンドDEAD HERO、そしてボゴタ・シーンの中心的存在であるアート・コレクティヴ兼パンク・ハウスであるRAT TRAPへのインタヴューが、表紙及び巻頭となっております。
                    また、UKクラスト・パンクを象徴するバンドであるDOOMのドラマーStickや、初期ANTI CIMEX〜D.N.A.でヴォーカルを務めていたNillen、3月に来日ツアーを行なう女性ヴォーカルUKクラスト・パンク・バンドBINGE DRINKER、国内からは大阪のミナミタケシ氏(POIKKEUS etc)や博多のロウ・パンク・バンドKUOLEVA、デモ・テープが話題となった仙台のEYESCREAMなど、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介させて頂いております。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ●MURO
                    (南米コロンビアの首都:ボゴタで活動しているハードコア・パンク・バンド、MUROへのインタヴュー)

                     

                    ●DEAD HERO
                    (8月に来日ツアーを予定しているボゴタ出身の女性ヴォーカルOi!パンク・バンド、DEAD HEROへのインタヴュー)

                     

                    ●RAT TRAP
                    (MUROのメンバーなどが運営しているボゴタのアート・コレクティヴ兼パンク・ハウス、RAT TRAPへのインタヴュー)

                     

                    ●ミナミタケシ
                    (POIKKEUS、LARVA、HAAVAで活動しているミナミタケシ氏へのインタヴューby T.K. & KARAKURI)

                     

                    ●Henke from D.N.A.
                    (マレーシアのレーベルからディスコグラフィCDがリリースされた、80’sスウェディッシュ・ハードコア・バンド、D.N.A.のドラマーだったHenkeへのインタヴュー)

                     

                    ●Nillen from D.N.A.
                    (初期ANTI CIMEX、その後はD.N.A.にてヴォーカルを務めたNillenへのインタヴュー)

                     

                    ●Stick from DOOM
                    (UKクラスト・パンクを象徴するバンドであるDOOMのドラマーにして、ENTやDIRT、DEVIATED INSTINCT etcでも活動してきたハードコア・パンク・ドラマー、Stickへのインタヴュー)

                     

                    ●PUNK LIVES!!
                    (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、SPRAUTとFUERZA BRUTAのライヴ・フォト・レポート)

                     

                    ●KUOLEVA
                    (POGO77からの1stシングルを4月に予定している、博多のロウ・パンク・バンドKUOLEVAへのインタヴュー)

                     

                    ●Umea Punk City
                    (ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

                     

                    ●BINGE DRINKER
                    (3月に来日ツアーを控えている、ロンドン拠点の女性ヴォーカル・クラスト・パンク・バンド、BINGE DRINKERへのインタヴュー)

                     

                    ●Dra at helvete!
                    (正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのヴォーカリストであるSkitkatt氏によるコラム)

                     

                    ●EYESCREAM
                    (仙台のハードコア・バンド、EYESCREAMの女性ヴォーカリストであるYUUKO氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

                     

                    ●ANNEX
                    (テキサスのD-Beatパンク・バンド、BASTARD SONS OF APOCALYPSEのメンバーだったMigasとOmarによる女性ヴォーカル・ポスト・パンク・バンド、ANNEXへのインタヴュー後編)

                     

                    ●LASHING SPEED DEMONS:GG ALLIN
                    (1993年に36歳の若さで亡くなった、アメリカ/ニューハンプシャー州出身のパンク・ロッカー、GG ALLINのバイオグラフィby大越よしはる)

                     

                    ●Anti-Art Book Review
                    (アートブックの書評by Yoshi Yubai)

                     

                    ●Inner Space Photography
                    (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

                     

                    ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2019年2月28日発売
                    ※1500円以上のお買い上げで送料無料
                    (1500円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

                     

                    ご注文はコチラからお願いします!

                    Posted by : juzasha | - | 08:05 | - | -
                    EL ZINE vol.34 12月27日発売
                    0

                      明日、12月27日にEL ZINEの最新号vol.34が発売となります!

                       

                      今号は2019年1月に1st LPをリリースする東京のハードコア・パンク・バンド、THE TITSが表紙及び巻頭となっております。

                      また、年末恒例となっています、レコード屋さんに今年のオススメ音源を挙げて頂くRECORDSHOPS RECOMMENDED RECORDS 2018や、BREAK THE RECORDS/POGO 77 RECORDS/OVERTHROW RECORDSのレーベル・オーナー3者による座談会、11月に初来日を果たした米国ノースカロライナのANTiSEENと流血ブリザードによる対談&ライヴ・レポート、ex.BASTARD SONS OF APOCALYPSEのメンバーらによるポスト・パンク・バンドや、ex.D-CLONEとex.HATSURIのメンバーによる新バンドへのインタヴューなど、世界各地の多種多様なパンク/ハードコア・バンドやシーンを紹介させて頂いております。
                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ●THE TITS
                      (2019年1月に1st LPをリリースする東京のハードコア・パンク・バンド、THE TITSへのインタヴューと、Voの狂介氏によるTHE TITSの音源紹介)

                       

                      ●RECORDSHOPS RECOMMENDED RECORDS 2018
                      (レコード屋さんに、今年リリースされたor入荷させた音源の中から、オススメの作品を挙げて頂く年末恒例のコーナー。今年参加して頂いたお店はコチラです↓)

                       

                      ・recordshop ANSWER
                      ・WATERSLIDE RECORDS
                      ・RECORD SHOP BASE
                      ・RECORD SHOP DIGDIG
                      ・RECORD BOY
                      ・record KNOX
                      ・PUNK AND DESTROY
                      ・TIMEBOMB RECORDS
                      ・disk union
                      ・disk shop MISERY

                       

                      ●SMIERC
                      (ex.IMPERIAL LEATHERやex.ABDUCTEE S.D.などのメンバーからなる、"ポーランド語"で歌うスウェーデンの女性Voハードコア・バンド、SMIERCへのインタヴュー)

                       

                      ●ハードコア・パンク・レーベル座談会
                      (BREAK THE RECORDSの安藤氏、POGO 77 RECORDSの今村氏、OVERTHROW RECORDSの森下氏による座談会。「どうして音源は売れなくなったのか?」、「限定盤の是非について」、「レコードとCD、どちらが優れているか?」などのテーマについて語ってもらいました)

                       

                      ●Inner Space Photography
                      (vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubai氏による写真連載)

                       

                      ●WANNA
                      (ex.D-CLONEとex.HATSURIのメンバーによる長崎拠点の日本語パンク・ロック・バンド、WANNAへのインタヴュー)

                       

                      ●Dra at helvete!
                      (正体不明の覆面バンド、SKITKLASSのVoであるSkitkatt氏によるコラム)

                       

                      ●ANNEX
                      (テキサスのD-Beatパンク・バンド、BASTARD SONS OF APOCALYPSEのメンバーだったMigasとOmarによる女性Voポスト・パンク・バンド、ANNEXへのインタヴュー)

                       

                      ●COZ
                      (神戸のパンク・バンドBLONDnewHALFのドラマー、COZ氏へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

                       

                      ●PUNK LIVES!!
                      (ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、WARTHOGとGOVERNMENT FLUのライヴ・フォト・レポート)

                       

                      ●ungodly
                      (香川県高松市を拠点に活動しているブラッケンド・デスラッシュ・メタル・バンド、ungodlyへのインタヴュー)

                       

                      ●LASHING SPEED DEMONS:流血ブリザードvs ANTiSEEN
                      (11月に初来日を果たした米国ノースカロライナのANTiSEENのVoであるジェフ・クレイトンと、流血ブリザードのVoであるユダ様による対談&ライヴ・レポートby大越よしはる)

                       

                      ●Umea Punk City
                      (ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

                       

                      ●チャレンジ・インタヴュー
                      (フタツギマサヤス氏[God Admires The Evil Soul]、サカイコウスケ氏[NONONO])

                       

                      ●ES GIBT KEIN WERT
                      (発行人によるディスク・レヴュー)

                       

                      ※A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ/2018年12月27日発売
                      ※1500円以上のお買い上げで送料無料
                      (1500円未満の場合は、送料300円を別途頂戴いたします)

                       

                      ご注文はコチラからお願いします!

                      Posted by : juzasha | - | 15:09 | - | -
                      TOP